化粧品のための動物実験反対キャンペーン

2012年7月13日〜9月13日

クルーエルティフリー インターナショナル(CFI:動物実験廃止を求める国際団体)の推定によると、現在、世界の80%の国で化粧品や化粧品原料のための動物実験が行われています。 ザ・ボディショップでは創業以来ずっと、人がきれいを求めるために動物が危害を加えられるべきでないと考え、「クルーエルティフリー※」な製品作りを徹底してきました。 原料調達から販売までの全過程で動物実験を行わず、動物を犠牲にした成分も一切使用していません。古くから世界中の人々が生活の中で使用してきた天然のスキンケア原料、 植物性オイルなどを配合し、メイクアップブラシも動物毛を使用していません。

2012年、ザ・ボディショップは国際的な非営利組織、クルーエルティフリー インターナショナルのキャンペーンに全面協力します。 世界中のお客様から集めた署名を、各国の政府に化粧品の動物実験廃止を求める声として届けます。
今すぐ署名を。

※動物実験を行っていない、動物を犠牲にしない


クルーエルティフリー インターナショナル(CFI)

クルーエルティフリー インターナショナル(CFI:動物実験廃止を求める国際団体)は、製品の動物実験廃止を目的に生まれたグローバルな非営利組織。
国際的な動物愛護団体「英国動物実験廃止連盟(BUAV)」によって設立されました。リーダー的存在として専門的な知識やネットワークを生かし、各国の政府や関係機関、メディアやパートナー団体とともに活動しています。

詳細はウェブサイトでご覧いただけます。
crueltyfreeinternational.org (英語webサイト)

日本でのCFIパートナー団体
NPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)

日本国内での動物実験の廃止と動物の権利擁護に関する活動を行う市民団体(1986年設立)。化粧品の動物実験反対キャンペーンを行うなど、動物の命を守る活動を展開しています。世界各国の動物保護団体とネットワークが強く、日本でのCFIのパートナー団体でもあります。

ウェブサイト
www.java-animal.org


署名はこちらから

日本国内のザ・ボディショップ店舗で署名を受け付けています。(一部実施していない店舗もあります。)
または、下記サイトからも署名が可能です。
CFIのウェブサイト(英語) crueltyfreeinternational.org/telltheworld
ご協力いただいた署名は、化粧品の動物実験廃止に影響を持つ、政府や関係者に提出します。



ザ・ボディショップの製品は、ECEAE※の定めた世界でも厳格な「人道的化粧品基準(HCS)」を満たした、初の化粧品ブランドとして評価されています。
ザ・ボディショップのバリューズ、取り組みについて

※BUAVを含む複数の動物保護団体からなる連合組織

代表的な製品