LINE@のお友だちになると10%OFFクーポンプレゼント

ホーム > 私たちのバリューズ > エイズに対する取り組み > 正しい知識を知りましょう。エイズに関するQ&A

エイズに対する取り組み

  • 写真
それは大きな間違い!HIV/エイズは誰でも感染の可能性がある病気です。
「HIV/エイズは日常生活では感染しません」といいますが、セックスは多くの人にとって「日常生活の一部」ではないでしょうか?HIVの感染原因はセックスによるものが大多数を占めているのが現状です。他の感染経路として、輸血などの血液を介した感染・母子感染があります。
決まったパートナーからも感染する可能性があります。 あなたの相手が過去にあなたのほかに一人しか経験がないとしても、その一人の人の過去の相手は?もっとさかのぼると?不特定多数の人とのセックスだけがHIV感染の原因とは限りません。
たった1回のセックスで妊娠することがあるように、1回のセックスでHIVに感染することもあります。避妊用ピルではエイズは予防できません。コンドームを正しく使うなどのセーファーセックスをすることが、相手の体も自分の体も大事にする一歩です。
「あまり強引に使ってと言うのも、相手を信用していないみたいで・・・。」でも、コンドームを使うことは、自分の体を守るだけではなく、相手の体を守ることでもあります。話し合う勇気を持ちましょう。自分でコンドームを持つことも大切です。
確かに検査は勇気がいるかもしれません。でも、HIVに感染しているかどうかは、検査をしないと分からないのです。それに、自分の感染を知らないで相手に感染させていることも考えられます。今は新しい治療薬がどんどん開発されていて、早めに感染を知ることでHIVの増殖を抑えることが可能です。不安に思うことがあるなら、勇気を出して検査に行きましょう!
今までと何も変わることはありません。HIV/エイズについて正しい知識を持つことで、不安はなくなります。HIV/エイズに関する知識不足や、誤った情報が生み出す差別や偏見をなくしましょう!

HIV/エイズの正しい知識の普及に成功している国々では、新規の感染者が減少するなどの効果を挙げています。

このページのトップへ戻る