2014年 これまでの取り組み

ご協力ありがとうございました!
カンボジア、ラオス、ミャンマーの子どもたちに安全な水を
セーフウォーターキャンペーン

ご協力ありがとうございました!
募金金額 合計 240,967 円

*イオングループ全体での寄付金額は、上記ザ・ボディショップでの募金を含む店頭募金と、イオン1%クラブのマッチング寄付などにより、総額69,779,072円となりました。

【実施期間】2014年4月5日(土)〜6月8日(日)  65日間
【寄付先】イオン1%クラブ*を通じて、公益財団法人 日本ユニセフ協会に寄付します。

※期間中にお客さまから寄せられた募金額とほぼ同額をイオン1%クラブが拠出。
さらにその額とほぼ同額を、日本ユニセフ協会が拠出します。
お客さまからの募金額が約4倍となって現地の子どもたちのために使われます。

*イオン1%クラブ・・・イオングループ優良企業で構成され、環境保全・社会貢献活動を行っています。

【背景と目的】
カンボジアやラオス、ミャンマーでは、多くの子どもたちは家事手伝いが優先され、飲み水や生活のための水を確保するために毎日遠くまで水を汲みに行きます。そのため、子どもたちは学校に通うことができず、勉強する時間が奪われてしまいます。しかも、川やたまり水などの濁った不衛生な水を生活用水としており、健康の面でも好ましくない状況です。
ザ・ボディショップでは、これまでイオン1%クラブ・ユニセフと共に学校建設支援をしてきた子どもたちが暮らす、カンボジアやラオス、ミャンマーの村々に、井戸または雨水貯水タンク等の給水施設を設置し、学校欠席の理由である水汲みから解放され、きれいな水を使うことができるようになることで、子どもたちを「教育面・健康面」から支援します。

ザ・ボディショップは、ドキュメンタリー映画「トークバック 沈黙を破る女たち」を応援します。

ブランド理念に「セルフエスティーム・自分自身を大切にする(自己尊重)」と「人権尊重」を掲げるザ・ボディショップは、暴力にさらされ、“どん底”を生き抜いてきた女たちが、芝居を通して自分に向き合い、社会に挑戦する姿に光をあてたドキュメンタリー映画「トークバック 沈黙を破る女たち」を応援します。

■公式サイト http://talkbackoutloud.com