2014年1月28日(火)、英国に本拠を置くクルーエルティフリー インターナショナル(CFI:動物実験廃止を求める国際団体・日本でのCFIパートナーはJAVA)と共に、ザ・ボディショップ店舗およびウェブサイトにて集めた化粧品のための動物実験廃止を求める署名 116,777筆と日本政府への要望書を、田村憲久厚生労働大臣に提出いたしました。

当日は、三原じゅん子参議院議員立会いのもと、株式会社イオンフォレスト 代表取締役社長 福本剛史、特定非営利活動法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA)理事 亀倉弘美、クルーエルティフリー インターナショナル 政策ディレクター ニック・パーマーの3名が署名および要望書の提出を行い、「近年、動物実験を巡る国際動向は代替・削減へ向けて大きく動いている中、日本国内においても化粧品の動物実験廃止に向けて政府の早急な対応を求めたい。」と要望を伝えました。

署名提出に際し、田村憲久厚生労働大臣からは、「署名数の多さに、世の中でこの問題への関心が高いことを改めて感じた。今すぐに法律の改正という方向は難しいが、動物を犠牲にせず、代替法の強化に予算をつける等できることから取り組んでいきたい」「また、企業が中心となり一般消費者への問題提起から、新しい価値観を提案することも期待したい」という姿勢が示されました。

ザ・ボディショップは、今後も引き続き、「全世界での化粧品の動物実験廃止」を求め、動物保護団体等活動団体と共に活動に努めてまいります。
提出記念!ウサギと一緒にセレブレイトフォトセッション☆を開催しました。
署名提出を記念し、この日の夜にザ・ボディショップ新宿店にて、着ぐるみうさぎさんとの写真撮影イベントを開催。
参加してくださったお客さま、どうもありがとうございました!!

2014年の取り組み

2014年1月28日(火)、化粧品の動物実験反対署名を提出しました!


「化粧品の動物実験廃止を求める署名活動」にご参加ありがとうございました!
2014年1月28日(火)に116,777名分の署名*を厚生労働省へ提出しました!
*日本で集めた署名数

提出記念!ウサギと一緒にセレブレイトフォトセッション☆を開催しました。


ご協力いただいた署名の提出を祝して、着ぐるみウサギと一緒に写真撮影会を実施。
クルーエルティフリーインターナショナル(英国)より政策責任者パーマー氏も来店しました。

場所:ザ・ボディショップ 新宿店
日時: 2014年1月28日(火) 17時〜19時



2013年の取り組み


ザ・ボディショップでは、2013年5月17日(金)より、「美しさに、犠牲はいらない」をテーマにクルーエルティフリー *キャンペーンを実施しました。
今回は、ザ・ボディショップの新しいブランドアクティビスト レオナ・ルイスが参加。 全世界での化粧品の動物実験廃止を求めて、署名活動を行いました。
*動物実験を行っていない、動物を犠牲にしない

2013年3月11日、EU(欧州連合)全域で、動物実験された化粧品と原料の輸入及び 販売が完全禁止となります。ザ・ボディショップ創業者アニータ・ロディックが声をあげた 「Against Animal Testing(化粧品の動物実験反対)キャンペーン」から20年。英国の 国際的な動物保護団体BUAV(CFI クルーエルティフリー インターナショナルの設立 母体)と長年取り組んできたことがついに実を結びました。しかし、日本を含む80%の 国で、未だ化粧品の動物実験は禁止されていません。

ザ・ボディショップは、昨年に続き、クルーエルティフリー インターナショナル(CFI:動物 実験廃止を求める国際団体・日本でのCFIパートナーはJAVA)とパートナーシップを 結び、全世界での化粧品の動物実験禁止を求めてキャンペーンを実施します。新しい ザ・ボディショップのブランドアクティビストであるイギリス人人気歌手レオナ・ルイスも 参加し、全世界のザ・ボディショップで展開していきます。

店頭とオンラインでは、動物を犠牲にせずつくられ、レオナ・ルイスがデザインしたクルーエルティフリー メイクアップ&フレグランスの限定品が登場。また化粧品の動物実験反対を求める署名活動を実施します。 2012年よりご協力いただいた50,218名の署名に今年集めた署名を追加し、化粧品の動物実験廃止に影響力を持つ政府や関係者に届けます。

人がきれいを求めるために動物が危害を加えられるべきではない、「美しさに、犠牲はいらない」というメッセージを発信し、 “クルーエルティフリーなコスメを選ぼう!” “日本を含む全世界での化粧品の動物実験をなくそう!”と声をあげることで、社会を動かします。


新ブランドアクティビストレオナ・ルイスも参加!
クルーエルティフリーキャンペーン「美しさに、犠牲はいらない」


期間:2013年5月17日(金)〜7月31日(水)

内容:新ブランドアクティビスト レオナ・ルイスがデザインした限定新製品クルーエルティフリーメイクアップ&フレグランス の発売と、店頭・オンラインでの署名活動をフックにメッセージを発信し、
1.動物を犠牲にせずつくられたクルーエルティフリーなコスメを選ぼう!
2.全世界での化粧品の動物実験をなくそう!

と声をあげていきます。
ご協力いただいた署名は、化粧品の動物実験廃止に影響力を持つ政府や関係者に届けます。
レオナ・ルイス プロフィール
イギリス出身の女性歌手。これまでにシングル、アルバムともに全英と全米チャートで1位を獲得し、全世界で600万枚セールスを突破した。グラミー賞にもノミネートされたほか、話題作となった映画「アバター」のエンディング・テーマソングにも抜擢されるなど世界が認めるトップアーティストです。ベジタリアンでもある彼女は、動物の権利を信じ、動物愛護活動や動物実験廃止を求める活動も積極的に行っています。


クルーエルティフリー インターナショナル(CFI)

クルーエルティフリー インターナショナル(CFI:動物実験廃止を求める国際団体)は、製品の動物実験廃止を目的に生まれたグローバルな非営利組織。
国際的な動物愛護団体「英国動物実験廃止連盟(BUAV)」によって設立されました。リーダー的存在として専門的な知識やネットワークを生かし、各国の政府や関係機関、メディアやパートナー団体とともに活動しています。

詳細はウェブサイトでご覧いただけます。
crueltyfreeinternational.org (英語webサイト)

日本でのCFIパートナー団体
NPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)

日本国内での動物実験の廃止と動物の権利擁護に関する活動を行う市民団体(1986年設立)。化粧品の動物実験反対キャンペーンを行うなど、動物の命を守る活動を展開しています。世界各国の動物保護団体とネットワークが強く、日本でのCFIのパートナー団体でもあります。

ウェブサイト
www.java-animal.org