過去の助成先一覧

【2016年度の助成先】


助成金額合計 900,000円 助成団体数 3団体
応募数:19件
テーマ 団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
生物多様性保全・動物 F.C Manis マニスファンクラブ
(神奈川県)
300,000 【活動タイトル】森の友だちマニス「ザ・ボディショップの森づくり」プロジェクト
油ヤシ農園開発等により、絶滅の危機に瀕しているオランウータンのマスコット「マニス」を通じて森の大切さを伝えながら、アジア唯一の大型類人猿で絶滅危惧種のオランウータンが暮らす生物多様性の森を守る活動を行う。 「マニス」をアイコンとしたプリントTシャツ販売し、植林プロジェクト「森のともだちマニス」(Tシャツ1枚販売で1本の苗木を植樹)の拡大を目指す。
生物多様性保全・動物 非営利活動法人東山動物園くらぶ
(愛知県)
300,000 【活動タイトル】東山こどもガイド2016
多世代が動物や自然を身近に感じることができる動物園を通じ、人々の動物や環境保全、生物多様性などに対する興味関心・問題意識のを向上を目指す。東山動物園で10年続く、小学校高学年児童を対象とした「こどもガイド」プロジェクトを開催。子どもたちの動物・自然環境への関心・知識を高めることと、学んだ知識をアウトプットする活動を行う。
人権 お特定非営利活動法人 和 ボーダレスアートサポートセンター・クシロ
(北海道)
300,000 【活動タイトル】ボーダレスアートアクション2016〜ボーダレスアートファッションショー〜
従来の障がい者支援活動の枠組みにとらわれず、アート・ファッションを通して、一般の人との垣根を低くしていくプロジェクトを発足し、地域の障がい者の表現の場を提供、生きがいの創出/アートを通した障がい者等のアイデンティティの再構築を目指す。障がい者、健常者の垣根を越えて全国から素材集めファッションアイテムを作り、ボーダレスアートのファッションショーイベントを開催する。
計 900,000円

このページのトップへ戻る

【2015年度の助成先】


助成金額合計 1,800,000円 助成団体数 6団体
応募数:68件
テーマ 団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
環境 NPO法人北九環浄研
(福岡県)
300,000 CO2削減にも繋がるクール炭を土壌にハーブを育てる「クールハーブで地球を冷やそう!」プロジェクトを実施し、一般市民の環境浄化活動として広げる。美しい地球を子供達に!引き継ごう&体験させよう をスローガンに環境保全を目指す。
人権 特定非営利活動法人フリースクール全国ネットワーク
(東京都)
300,000 子どもたちの理念にたったフリースクールの合同文化祭「フリースクールフェスティバル」の開催。スクールに通う子どもたち自身が実行委員となり、日頃の学習成果発表、体験活動、交流の場等に加え、不登校の子どもたちとその保護者に新たな繋がりと情報を提供することを目指す。
人権 特定非営利活動法人 ぷれいす東京
(東京都)
300,000 HIVに触れる機会のなかった人々とHIV陽性者を繋ぐ学習&語り場「ぷれいすトーク〜話しにくいこと、伝えにくいことって何だろう〜」を実施。これまでHIV/エイズに触れる機会がなかった人たちに、エイズや性の健康について話す機会を提供し身近に感じてもらうのと同時に、社会の中で様々な話しにくさを持っている方と交流する機会を作る。色々な価値観を理解し、1人1人の意識を変えていくこと、社会の意識を変えていくことを目的とする。
人権 特定非営利活動法人 和
就労継続支援A型事業所 島屋ゴマサーカス
(北海道)
300,000 障がいのある人々の就労支援活動。オリジナルエコ商品の新開発として「人にも自然にも優しいエコ石鹸」を作成する。摩炊きの炭、EM菌や廃油、自然由来のものを活用したエコ石鹸は、炭回収から製造、販売まで障害者たちで行い、自立を目指す。
人権 特定非営利活動法人 人身取引被害者サポートセンター
ライトハウス
(東京都)
300,000 日本で唯一の、人身取引被害者のためのホットラインを運営。人身取引被害者の緊急保護と、社会復帰までの中長期的な直接支援活動を行う。保護に必要な予算の確保により被害者の生命と安全を守ること、被害者にとって安全な環境で公的支援につなぐことで、被害者の真の自立(社会フック)を促すことを目指す。
震災 チャイルドネットジャパン
ライトハウス
(宮城県)
300,000 2013年、「震災復興は待っていても始まらない」と、被災地のお母さん達が開始した活動が母体。未来を担う子どもたちを地域が育て、その子どもたちが地域を支えるという、循環する地域復興を目指す。今回の助成では、子どもの心のケアを第一の目的に、4つの子ども図書館で子ども万華鏡教室を開催する。
計 1,800,000円

このページのトップへ戻る

【2014年度の助成先】


助成金額合計 2,398,000円 助成団体数 8団体
応募数:96件
テーマ 団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
環境 海守さぬき会
(香川県)
300,000 国立公園指定80周年記念事業「故郷(ふるさと)の海レスキュー隊計画2014」のタイトルで、夏休み期間中の県内小中学生とその保護者を対象とした、海ごみ発生抑制にかかわる体験型環境学習会の開催。
故郷の海は自分たちで守るという気持ちと、リーダーの人材育成を図ることを目的とする。
環境 F.C Manis マニスファンクラブ
(神奈川県)
300,000 油ヤシ農園開発により、絶滅の危機に瀕しているオランウータンのマスコット「マニス」をアイコンとしたプリントTシャツ販売し、植林プロジェクト「森のともだちマニス」(Tシャツ1枚販売で1本の苗木を植樹)を実施。
インドネシア、中央カリマンタン、タンジュン・プティン国立公園周辺地域の住民と一緒に苗木を300本植林、プランテーションにより荒廃した土地を保全する。
環境/震災 おおさきエネルギーカウンシル
(宮城県)
300,000 宮城県大崎地域(宮城県北部)で再生可能エネルギーの普及啓発を目的に、次世代を担う小中学生に向けて環境教育事業「おおさきエネキッズプログラム」を開催。
2011年3.11震災で停電等の経験のある子どもたちへの体験型環境教育の他、地域独自の再生可能エネルギーについて学ぶ機会とする。
人権 特定非営利活動法人オン・ザ・ロード
(東京都)
300,000 インド・バラナシにある貧困層のための学校「マザーベイビースクール」の継続運営と、より良い学習環境の整備。
フリースクールから政府認可私立小学校としての運営資格取得を機に、クラス数増、教育内容の充実を図るための教員数増加や校舎の改築を行うとともに、階級制度や差別など様々な要因により貧困の中から抜け出せずにいる子どもたちの就学率アップに向けての啓発活動を行う。
人権 特定非営利活動法人子どもセンター帆希
(千葉県)
300,000 千葉県内にて、児童福祉法により対象に洩れてしまう18歳以上も対象とした緊急シェルターを開設。
特に性産業の犠牲となるリスクが高く、行き場のない15〜20歳未満の女児を対象とし、虐待その他の理由により家庭ないし社会に居場所のない子どもたちに寄り添い、子どもたちに対し安心できる生活環境の中で心身に負った傷から回復するための場を提供、自立を見守り、子どもの成長発達の権利を実現することを目指す。
人権 NPO法人 さくら車いすプロジェクト
(東京都)
300,000 日本で毎年5,000台以上廃棄されている電動車いすを有効活用すべく、電動車いすの普及が乏しいパキスタンにリサイクルして寄付する活動を実施。障害者に適した修繕整備を行う技術をパキスタン人に伝授しながら現地の車いす環境を整えることで、就労や社会参加など障害者の自立に活用する。また、修理技術マニュアルを英語とウルドゥ語で作成し、広くパキスタンの技術者に修理方法を提供する。
動物 富士山アウトドアミュージアム
(山梨県)
298,000 富士山はその存在そのものが日本が誇る天然の自然史博物館であり美術館。
価値を損なうことなく後世に残すために、世界遺産富士山周辺のロードキル実態調査を実施。交通量が多く、ロードキルが多発している場所をデータ化しカーナビに採用。
ロードキルが起こる地理的・季節的要因を明らかにしてゆくことで、野生動物との共存方法へのアプローチを目指す。
震災 特定非営利活動法人 ピースジャム
(宮城県)
300,000 東北沿岸部地域、気仙沼市内の自然豊かな山間に、乳幼児をもつ女性たちの安定した収入確保、東北沿岸部地域の復興の増進を目的としたジャム製造室、縫製作業室、キッズルーム、サロンスペース兼店舗、事務所機能を包括した工房を建設・運営。
今回、カフェを併設することで雇用支援事業を拡充し、自然を活用した体験学習ならびに地域住民の日常的な交流の場をつくる。
計 2,398,000円

このページのトップへ戻る

【2013年度の助成先】


助成金額合計 4,497,500円 助成団体数 15団体
応募数:153件
テーマ 団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
環境 特定非営利活動法人 地球市民の会
(佐賀県)
300,000 ミャンマーの主要な観光地であるインレー湖周辺地域の環境を保全するための住民主体で持続可能な事業として、モリンガ植林とモリンガの種のオイルを搾油を行うための施設整備。
環境 (公財)宍道湖・中海汽水湖研究所
(島根県)
300,000 コハクチョウが飛来するラムサール条約登録湿地である宍道湖湖北において、水田を含む登録地の拡大を目指すための調査。
環境 林業女子会@東京
(東京都)
300,000 都内で働く女性や女子学生が中心となって行うの森づくり、木づかい活動の一環として、千葉県市原市「なえどこ林業女子の森」に生育する木々を用いて高齢者同士や高齢者と若者で木彫り人形をつくり、交流の機会をつくる。
人権 東北HIVコミュニケーションズ
(宮城県)
300,000 団体の20周年事業として、HIV・性的自立・セクシュアリティ−をテーマに市民に広く啓発、参画する機会となる「支え合う学習会」と「支え合うフォーラム」の開催。
人権 ぐる〜ん
(神奈川県)
297,500 「これからの家族」をテーマに、血のつながりを超えた新しい絆の意義を提唱し、里親制度や養子縁組制度への理解を深めるためのシンポジウムの開催。
人権 特定非営利活動法人 眼瞼下垂の会
(神奈川県)
300,000 母親を対象とした「先天性眼瞼下垂」を紹介するパンフレットの作成と、保健所や小児科、保育園等への啓発活動。
人権 連連影展 FAV
(Feminist Active documentary Video Festa)
(東京都)
300,000 ニューヨークを拠点にHIV/AIDSと共に生きる人の権利活動を展開してきた団体「ACT UP」の歴史を描いたドキュメンタリー映画「United in Anger. History of Act UP」の日本語字幕製作および上映会の告知。
人権 となりのかいご
(神奈川県)
300,000 仕事を辞めずに高齢の家族介護をするためのガイドライン(冊子・WEB)制作。
人権 特定非営利活動法人 BONDプロジェクト
(東京都)
300,000 虐待、性的被害、いじめ、自己肯定感の低さなど、生きづらさを抱えている10代~20代の女性のための自助グループ設立、ワークショップ運営。
人権 NPO法人 キドックス
(茨城県)
300,000 様々な問題を抱えた若者が、保護された犬の世話や地域の方々との交流によって社会的な自立を支援する「キドックスファーム」での畑の開墾プロジェクト
人権 一般社団法人 日本ダイバーシティ推進協会
(愛知県)
300,000 就労に困難を抱える精神・発達障がいの方の自己理解講習会の開催とホームページ制作等による情報発信。
震災 特定非営利活動法人 仙台夜まわりグループ
(宮城県)
300,000 東日本大震災に関連する路上生活者及び生活困窮者の「越冬支援活動」と「食糧提供相談会」の実施。
震災/環境 特定非営利活動法人 日本リザルツ
(東京都)
300,000 岩手県釜石市漁業協同組合婦人部の、市内小学校を対象にした環境啓発教育としての石鹸作り活動の再開。
震災 一般社団法人 とほくる
(宮城県)
300,000 震災の記憶の風化を防ぎ、被災地に人を案内するためのガイドブック「復興現場の歩き方」の出版。
震災 フォトボイス・プロジェクト
(東京都)
300,000 被災した女性たちが写真を撮影し、撮影者の「声」(ことば)をつけて社会に発信する「フォトボイス・プロジェクト」のホームページの新規開設と運営。
計 4,497,500円

このページのトップへ戻る

【2012年度の助成先】


助成金額合計 5,273,095円 助成団体数 21団体
応募数:166件
テーマ 団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
環境 特定非営利活動法人 芦生自然学校
(京都府)
273,095 「ナラ枯れ病」の影響により危機的状況にある芦生の自然を守るため、芦生自然学校環境保全活動(どんぐリマザーツリープロジェクト&美山クリーンリバー作戦)に必要な機材等の購入費。
環境 もくもく里山プロジェクト
(大阪府)
200,000 古くから地域に伝わる炭焼き「菊炭」づくりで箕面の里山保全啓発と推進を行う。「もくもくランド炭焼きハウス」のセルフビルド開設費と、「もくもくファームの農&食体験ワークショップ」の開催費。
人権 認定NPO法人 サバイバルネット・ライフ
(栃木県)
300,000 DV被害家庭の母親サポートの一環として、親が働いている間の子どもの夏休みの居場所提供・学習支援を行うための費用。
人権 特定非営利活動法人 ひこばえ
(群馬県)
300,000 DV被害者のためのシェルター(緊急避難所)開設記念チャリティ上映会の開催費用と、被害者対象の「女性専用無料相談電話」のカード(PP加工)の作成費用。
人権 特定非営利活動法人 JFCネットワーク
(東京都)
300,000 日本人とフィリピン人を親に持つ子どもたち(日本国籍の喪失、認知拒否、養育放棄等)の支援活動のファンドレイジングの体制づくりの一環として、団体ウェブサイトの再構築のための費用。
人権 特定非営利活動法人 女性ネットSaya-Saya
(東京都)
200,000 DV被害を受けた母と子どもが、民間シェルターを出た後に必要となる自立を支援する「ステップハウス」の新規開設費用。
人権 社会福祉法人 イースターヴィレッジ 自立援助ホーム マルコの家
(栃木県)
200,000 親の虐待などにより入所していた児童養護施設を退所後の子どもたち(15〜20歳)が生活する「自立援助ホーム」の修繕費、生活空間の改善費用として。
人権 ArtS Japan(アーツ・ジャパン)
(東京都)
200,000 性暴力被害にあった時の緊急対応先や相談機関など、支援情報をまとめた携帯電話用アプリの制作。
人権 一般社団法人 Grow As People
(グローアズピープル)
(埼玉県)
300,000 家庭、環境的な要因からこの世界でしか働けないという人の実態に焦点をあてた日本初「夜の世界の白書」の作成費用。社会の認識を変えることと、自ら自立できる女性になるきっかけに役立てる。
動物 わんにゃん こおりやま
(福島県)
200,000 福島県内の仮設住宅での生活により、犬猫を飼いづらくなっている方々への支援としての、譲渡会の開催費用。
動物 宍戸 大裕さん
(宮城県)
300,000 東日本大震災後の被災地の動物たちを追ったドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と2」の製作費の一部として。
動物 一般社団法人 アニマルパスウェイと野生生物の会
(東京都)
300,000 道路開発などで失われた野生動物の移動経路を確保する「アニマルパスウェイ」設置の啓発パンフレットの制作費。
動物 NPO法人シマフクロウ・エイド
(北海道)
300,000 北海道の豊かな環境の指標である、希少野生動物・シマフクロウ保護の普及・啓発を地域の子供たちに向けて行うための教材やパネルの制作費。
震災/動物 NPO法人 ミチーノ
(東京都)
200,000 放射能による避難区域で完全封鎖されていないエリアに残された猫の保護のため、福島県内または近隣県に、一時預かり用シェルターを設置する費用。
震災/環境 I AM ? 愛編むプロジェクト
(埼玉県)
200,000 被災地高齢者の自立支援として、趣味の編み物を内職にするプロジェクトで、生産したアクリルたわしの購入費と、プロジェクト拡大のためのホームページ、ポスター制作費。
震災 特定非営利活動法人 JIN'S PROJECT
(東京都)
300,000 孤立した気仙沼大島の漁業復興支援活動として、ボランティアダイバーと地元漁師さんによる「海水調査、水中瓦礫撤去作業」実施費用。
震災 We need cosmetics!
(埼玉県)
300,000 南三陸町の化粧品店から商品を購入し、被災地に届ける活動と、化粧品を使った癒しケア実施費用。
震災 NPO法人 MMサポートセンター
(福島県)
300,000 南相馬市の発達障害児童のための遊び場の提供と、跳び箱やプレイマットなどの遊び道具購入費用。
震災 人の輪ネット
(東京都)
200,000 関東にいる避難者と避難先地域生活者の双方を対象にした1デイコミュニティカフェの会場費や講師代、チラシ作成等費用。
震災 Hatake プロジェクト
(埼玉県)
200,000 被災者が暮らす埼玉県加須市の野菜畑プロジェクトの拡大のため、農作業道具一式、道具を保管する棚、種や苗の購入費。
震災 防災アドバイザー YY防災ネット
(宮城県)
200,000 仙台市の町内会での防災担当の経験を活かし、地震・津波の不安と危機感を感じている全国各地での防災講演実施のための活動資金として。
計 5,273,095円

このページのトップへ戻る

【2011年度の助成先】


助成金額合計 6,849,000円 助成団体数 27団体
応募数:110件
※2011年より東日本大震災復興支援活動枠を設置
※2010年10月に実施した10円の寄付付きチャリティボディバターをお買い上げのお客さまが投票した「応援したい活動のテーマ」の結果も反映。
子ども 7件(約50%)、女性 3件(約20%)、地球 3件(約20%)(その他、人権に関わる活動 2件)

ザ・ボディショップニッポン基金2011年度助成金贈呈式レポートはこちら»

テーマ 団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
子ども 特活)子どもセンターののさん設立準備会
(京都府)
300,000 行き場のない子どもたちのための京都初のシェルター(緊急避難所)となる物件の改修や修繕など。
子ども/
DV
特活)女性ネットSaya-Saya
(東京都)
300,000 DV家庭の子どもたちのための「DV子どもホットライン」の相談事業設立。
子ども 特活)おかえり
(奈良県)
300,000 親元で暮らせない子どもの自立を支援する施設「おかえり」のホームページ開設。
子ども 特活)ピピオ子どもセンター
(広島県)
300,000 虐待など様々な理由により行き場のない子どものためのシェルターのパンフレット制作・ホームページ開設。
子ども 眼瞼下垂の会
(神奈川県)
300,000 「先天性眼瞼下垂(がんけんかすい)」の患児やその母親への対処方法を知ってもらうための産科施設を対象とした啓発活動。
子ども/
人権
特活)スーダン障害者教育の支援
(茨城県)
300,000 スーダンにおいて盲学校に通えない視覚障害児への点字講習の実施と点字指導者の育成。
子ども/
人身売買
財)京都YWCA
(京都府)
279,000 関西において若者が主体となって行う子どもの性的搾取や児童ポルノ問題の講演会やフィールドワークの実施。
女性 性暴力救援センター・大阪(SACHICO)
(大阪府)
294,000 性暴力被害の当事者への無料カウンセリング70回分の提供費用として。
女性 てのひら〜人身売買に立ち向かう会
(東京都)
300,000 人身売買やDV被害を受けた外国籍女性のための日本語教室の運営およびリーフレット作成。
女性/
震災
WAELAA WAALEE (ウェラ・ワリ)
(東京都)

300,000

外国籍DV被害者、震災被災者を支援するためのホームページ開設と多言語支援カードの制作。
環境/
震災
仙台ミツバチプロジェクト
(宮城県)
300,000 被災地となった仙台での屋上緑化活動とその啓発のための講習会の開催費。
環境 特活)北九環浄研
(福岡県)
300,000 トカラヤギとの共生による高齢化、過疎化農林の活性化とエコ農法の推進。
環境 エコ&ボランティア VESSE
(愛知県)
276,000 エコキャップ活動のPRと報告をするためのホームページ開設。
人権 アジアの女性と子どもネットワーク(AWC)
(神奈川県)
300,000 タイ東北部の山岳民族が人身売買等の被害に遭わないようにするための、フェアトレード商品の開発費。
人権 認定特活) 「飛んでけ!車いす」の会
(北海道)
300,000 病院や施設、学校で、車いすの整備技術を伝える 「出張車いす整備講座」の実施。
震災 一般社団法人 全国パーキンソン病友の会 福島県支部
(福島県)
200,000 避難所等生活しているパーキンソン病患者とその家族の仮設住宅への移動支援と簡易バリアフリー化工事。
震災 特活)EARTH & ネット
(宮城県)
200,000 被災エリアの離島へ、安全食材の提供及び運搬の復興支援。
震災 特活)POSSE
(東京都)
200,000 被災地の仮設住宅におけるニーズ発掘、物資・サービスの提供を通じた生活条件の改善のための活動費。
震災 みちのく復興の会
(宮城県)
200,000 山元町地区での炊き出し、物資支援、 コミュニケーションを目的としたイベントの実施。
震災 ゆいっこ盛岡支部
(岩手県)
200,000 岩手大学生が主体となっておこなう岩手県宮古市での清掃、無料バザー活動のためのマイクロバスレンタル代。
震災 市民活動団体 チーム 萩
(宮城県)
200,000 復興支援のボランティアのための、宿泊・食事・移動手段等 支援提供。
震災 東北復興支援団体 Team Vamos
(宮城県)
200,000 被災者へのリサイクル家電の収集と提供。 ボランティアへの後方支援活動。
震災 olive-leafs (オリーブリーフス)
(東京都)
200,000 物資提供、心のケア、3.11の震災を風化させないための東京でのイベント開催などによる被災地支援。
震災 We need cosmetics!
(埼玉県)
200,000 埼玉、東京の避難所へ化粧品を中心とした物資支援。 お茶会やマッサージなどコミュニケーションの場の提供。
震災 特活)ヒューマンライツ・ナウ(HRN)
(東京都)
200,000 被災地への弁護士調査グループ派遣と生活・法律相談会の実施、報告会の開催。
震災/
動物
Life Investigation Agency (LIA)
(長野県)
200,000 被災地で飼われていた動物の保護、飼い主探し、飼い主への返還、シェルターの運営など。
震災/
動物
特活)アニマルレフュージ関西
(大阪府)
200,000 被災地に取り残されているペットの救済、保護活動費。
計 6,849,000円

このページのトップへ戻る

【2010年度の助成先】


助成金額合計 3,475,640円 助成団体数 13団体
応募数:41件
団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
特定非営利活動法人スーダン障害者教育支援の会
(茨城県 )
266,000 スーダンの視覚障害児に基礎的な点字の読み書きを習得させ、教育の展望を提示する支援活動
性暴力救援センター・大阪(SACHICO)
(大阪府 )
300,000 性暴力被害者の女性を支援する活動のホームページ開設とポスター制作 。
ウォリアーズ ジャパン
(東京都)
300,000 レイプ被害者の心と体の実態および直後に対応することの必要性を訴えるためのビデオ「サバイバーの願い」制作 。
自立援助ホーム あすなろ荘
(東京都)
300,000 虐待などで入所していた施設退所後の15〜20歳の青少年の自立を支援するホーム運営 。
特定非営利活動法人札幌市福祉生活支援センター
(北海道)
300,000 15〜20歳の青少年の自立を支援する札幌市初の施設のホームページ開設 。
チャオネット
(大阪府)
300,000 自閉症および発達障害を正しく理解してもらうための絵本制作 。
財団法人 日本キリスト教婦人矯風会女性の家HELP
(東京都)
300,000 DV被害者支援のために必要な通訳者を育成するための研修実施 。
財団法人 名古屋キリスト教女子青年会(名古屋YWCA)
(愛知県)
300,000 DVに悩む女性のためのサポートグループによる集会「ひまわり」の開催。
特定非営利活動法人ウィメンズネット「らいず」
(茨城県)
300,000 DV被害者支援活動の手引書となる記念誌「北京からの風に吹かれて − 世界の女性と子どもの権利」の編集・発刊 。
女性への暴力根絶をめざす徳島ネットワーク
(徳島県)
172,000 DV被害者を支援するための相談カードとポスター作成 。
NPO法人 北九環浄研
(福岡県)
300,000 有機肥料制作と、リサイクル活動の促進。
ラリグラス・ジャパン
(東京都)
237,640 ネパールの人身売買被害者に手仕事を提供し、フェアトレードなどで自立できるよう支援する。
静岡学生NGO あおい
(静岡県)
100,000 静岡の中学生・高校生を主な対象者とした児童買春問題の国際協力啓発。
計 3,475,640円
2010年チャリティボディバターのご報告
2010年10月に実施した、10円の寄付つきチャリティボディバター。 その際、お客様に応援したい活動のテーマに投票していただきました。
寄付金総額 2,187,980円は、投票結果の割合で2011年度の助成活動に反映させていただきます。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

このページのトップへ戻る

【2009年度の助成先】


助成金額合計 2,984,000円 助成団体数 10団体
応募数:45件
●アニータ・ロディック記念助成活動創業者アニータ・ロディックの遺志を継ぐような活動に贈られる賞
●環境特別賞:2009年の助成団体の中で、環境活動に取り組む団体を応援するために贈られる賞
団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
JNATIP (ジェナティップ・人身売買禁止ネットワーク)
(東京都港区)
500,000 アニータ・ロディック記念助成活動
人身売買問題に関する啓発活動のためのウェブサイト作成費。
ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)
(東京都新宿区)
300,000 環境特別賞
沖縄ジュゴン保護のための子ども向けリーフレット「ジュゴンって知ってる」制作費。
(特活)日パ・ウェルフェアー・アソシエーション(NWA)
(東京都品川区)
290,000 パキスタン郊外で生活する女性のための縫製教室コースの開催。慣習によって男性医師の診察を受けられない女性のための、巡回医療の実施。
(特活)子どもシェルターモモ
(岡山県)
300,000 子どものためのシェルター(緊急避難所)や、自立援助ホームを運営する団体。情報提供のためのウェブサイト制作費。
てのひら〜人身売買に立ち向かう会
(東京都大田区)
300,000 5年間にわたる人身売買に対する国内の取り組みや、当団体が開いた市民参加型ワークショップの記録をまとめた映像制作事業費。
環境NGO イカオ・アコ
(愛知県)
300,000 フィリピン・シライ市における、フェアトレードを通じた女性の生活向上支援。
(特活)ACC 危機の子どもたち・希望
(東京都渋谷区)
300,000 コソボ難民の高齢女性による伝統編み物プログラム運営費。材料の毛糸、布地、刺繍糸、工賃として。
(特活)アウンジャ
(京都府)
194,000 DV被害女性のための、シェルター退所後のピアカウンセリング事業運営費。
(特活)Human Rights Now (ヒューマンライツ ナウ)
(東京都台東区)
200,000 アジアにおける人身売買に反対する「子どもの権利プロジェクト」リサーチ研究報告、ウェブ整備費。
(財) 東京YWCA
(東京都千代田区)
300,000 HIV/エイズとDVに対する啓発を目的とした、Tシャツデザインコンテストの展示物制作費。
計 2,984,000円

このページのトップへ戻る

【2008年度の助成先】


助成金額合計 3,308,000円 助成団体数 11団体
応募数:30件
●アニータ・ロディック記念助成活動:創業者アニータ・ロディックの遺志を継ぐような活動に贈られる賞
団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
(財)日本キリスト教婦人矯風会 ステップハウス
(東京都)
500,000 アニータ・ロディック記念助成活動
DV被害者の保護命令が効果的に活用されるためのパンフレット増刷
共同の家 プアン
(神奈川県横浜市)
300,000 DV被害者の心身自立を図るためのケアプログラム
NPO法人 カラ=西アフリカ農村自立協力会
(東京都武蔵野市)
300,000 安全な出産の場の提供と、夫たちへの啓発活動(98、99、00、01、03、04年度助成先)
NPO法人危機の子どもたち・希望
(東京都渋谷区)
300,000 セルビア国内の孤児院や難民センターの子どもたちに、難民女性が手編み作品を贈るプロジェクト
国際協力 風の会 東京
(東京都板橋区)
300,000 カンボジアの子どもの英語教育支援のためチャリティライブの開催
社会福祉法人カリヨン子どもセンター
(東京都文京区)
300,000 子ども虐待防止、子どもシェルターの広報活動強化事業としてHPの充実
Children's Views and Voices (CVV)
(大阪府大阪市)
300,000 児童養護施設の子どもたちのエンパワーメントを目指す活動のための研修費用
エイズ孤児支援NGO PLAS
(東京都品川区)
300,000 エイズ孤児の存在を伝えるブックレットの制作
川口子どもネットワーク
(埼玉県さいたま市)
300,000 恋愛と人権に焦点を当てた公開学習会開催費
白井市福祉作業所
(千葉県白井市)
108,000 EMを活用した地元河川浄化と小学校プールの清掃
NPO法人ブリッジ エーシア ジャパン
(東京都渋谷区)
300,000 ベトナムにおける都市近郊農村の農業活性化とその広報活動
計 3,308,000円

このページのトップへ戻る

【2007年度の助成先】

助成金額合計 2,600,000円 助成団体数 8団体
応募数:21件
●アニータ・ロディック記念助成活動:創業者アニータ・ロディックの遺志を継ぐような活動に贈られる賞
団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
NPO法人 レッドリボンさっぽろ
(北海道札幌市)
500,000 アニータ・ロディック記念助成活動
エイズ啓発用コンドーム型着ぐるみ、Tシャツの作成
NPO法人チャイルズ
(大阪府大阪市)
300,000 自閉症、発達障害児支援を目的としたワッペンの作成
NPO法人国境なき子どもたち(KnK)
(東京都新宿区)
300,000 東ティモール貧困家庭の女性と子どもを対象にした演劇ワークショップ゚の開催
サバイバルネット「ライフ」
(栃木県小山市)
300,000 DV被害女性と子どものための合宿実施
FGMを廃絶を支援する女たちの会
(東京都新宿区)
300,000 FGM啓発のフランステレビ番組の字幕作成
てのひら〜人身売買に立ち向かう会〜
(神奈川県横浜市)
300,000 人身売買についての青空ワークショップの開催
NPO法人アジア女性センター
(福岡県博多市)
300,000 アジア女性支援。緊急避難所で生活する子どもたちへのケアプログラム
社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
(東京都千代田区)
300,000 デモ弾圧に対するビルマ緊急キャンペーンの実施
計 2,600,000円

このページのトップへ戻る

【2006年度の助成先】

助成金額合計 1,500,000円 助成団体数 5団体
応募数:8件
団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
特定非営利法人 アサザ基金
(茨城県牛久市)
300,000 学校ビオトープ作成費として
ポラリスプロジェクト
(東京都渋谷区)
300,000 冊子「トラフィッキング〜人身売買 微かなサインを見逃さないように」第二版発行費用として
L.O.F教育センター
(大阪府泉佐野)
300,000 軽度発達障害児を持つ保護者の支援、学校内外での学力支援、及び学校への啓発
社会福祉法人 山鳥の会
(東京都文京区)
300,000 山鳥作業所新施設での作業用イスの購入費用として
アースディ・フレンドシップウォークプロジェクト
中渓 宏一
300,000 北海道からの植樹活動のための苗木購入・広報用ポストカードの制作費として
計 1,500,000円

このページのトップへ戻る

【2005年度の助成先】

※2005年度の助成先選考は未実施。

このページのトップへ戻る

【2004年度の助成先】

助成金額合計 1,582,000円 助成団体数 8団体
応募数:41件
団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
FTCシェルター 300,000 DV(ドメスティック・バイオレンス)被害女性、親子合宿の実施費用として
黒礒 由起子さん 100,000 東ティモール子ども施設における、チャイルドケア・ボランティア活動費
宮武 由紀子さん 100,000 東ティモール子ども施設における、チャイルドケア・ボランティア活動費
東アフリカ
子ども救援センター
300,000 ストリートチルドレン・エイズ孤児のための寝具・教材・衛生用具等購入費
アムネスティ・
インターナショナル日本
143,000 女性の人権問題をテーマにした朗読劇実施費 (会場使用費・チラシ印刷費)
カラ=西アフリカ
農村自立協力会
300,000 マリ共和国カニカ村の女性自立支援とマラリア・寄生虫予防薬購入費
学童保育所
オープンスペース 輪っこ
100,000 学童保育所 乗馬セラピー実行のための交通費等
日本国際
ボランティアセンター
264,000 パレスチナ・ガザ地区の子どもたちの栄養改善のための補助食費
計 1,582,000円

このページのトップへ戻る

【2003年度の助成先】

助成金額合計 970,000円 助成団体数 7団体(内1団体は物品提供)
応募数:50件
団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
カラ=西アフリカ農村自立 協力会 250,000 マリ共和国モバ村及びカニカ村の女性自立支援と村開発のための活動センター建設資材費。(1998?2001助成先)
東京英語いのちの電話/コミュニティ・カウンセリング・サービス 200,000 12?14歳の女子生徒を対象にした摂食障害の予防と体のイメージ・自己肯定感の改善のためのワークショップ
フェミニストサポートセンター・東海 180,000 ドメスティック・バイオレンス被害当事者(外国籍の女性)向け母国語のリーフレット作成
PEACE暴力防止トレーニング センター 140,000 ドメスティック・バイオレンスへの意識を広げるためのリーフレット作成。CR(Consciousness Raising)ファシリテーター養成講座開催
CAI 100,000 コンドームなど移動販売車を拠点とした若者へのHIV/AIDS予防啓発活動のためのボランティア交通費
堀江 路代さん 100,000 廃村危機にあるインドネシア農村でのオーガニックコットン栽培・縫製指導のための、コットンの種購入費
IFMSA-JAPAN SCORA 商品贈呈 国内の若者へのAIDS啓発のためのクイズや豆知識・予防法などを掲載したカードとともに配布するザ・ボディショップ商品の提供
計 970,000円

このページのトップへ戻る

【2002年度の助成先】

助成金額合計 1,100,000円 助成団体数 8団体(内2団体は物品提供)
応募数:33件
団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
ユニークフェイス 200,000 顔面などの外見に疾患や外傷がある方(当事者)への情報提供、および当事者が被る基本的人権の問題を社会に提言するパンフレット作成、配布
チャイルドライン
支援センター
200,000 悩みを持つ子どもたちの声を受け止める「子ども電話」の告知カード設置
藤屋リカさん 200,000 紛争及び占領下におかれるパレスチナ人女性への医療の提供
ハイチ友の会 200,000 ハイチ共和国で、不足している800人分の幼稚園の教材購入
HIVと人権・情報センター
神戸会議事務所
200,000 第7回アジア・太平洋AIDS国際会議(2003年11月/神戸)に参加する患者・感染者のケア・サポート
阿倍恭子さん 100,000 ザ・ボディショップが主催するルーマニアの孤児へのケア活動参加
新切福祉会 メイク商品 痴呆症状のある高齢者を対象にしたメイク・ボランティア
メディカルメイクアップ
サポートセンター
メイク商品 顔面、外見に疾患や外傷がある人へのメディカル・メイクアップ
計 1,100,000円

このページのトップへ戻る

【2001年度の助成先】

助成金額合計 1,950,000円 助成団体数 8団体
応募数:33件
団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
ユニークフェイス 200,000 顔面などの外見に疾患や外傷がある方(当事者)への情報提供、および当事者が被る基本的人権の問題を社会に提言するパンフレット作成、配布
カラ=西アフリカ農村自立
協力会
300,000 マリ共和国農村の女性の自立を支援する「女性活動センター」建設資金の一部。(98、99、00助成先)
特定非営利活動法人
日本ウミガメ協議会
300,000 日本のウミガメに関するデータをまとめ、「日本のウミガメの産卵(仮称)」として刊行、ウミガメ保護活動に役立てる
法政大学第二高等学校生徒会 100,000 アムネスティインターナショナル、ユネスコと連携し「子どもの権利」をテーマとするチャリティコンサート実施のための機材レンタル費
特定非営利活動法人
チャイルドライン支援センター
300,000 悩みを持つ子どもたちの声を受け止め自立を助ける「子ども電話」カードを設置するためのボックス作成費
阿倍恭子さん 250,000 ドメスティック・バイオレンス被害女性の「新しい人間関係を築くためのグループ・カウンセリング」援助費用
ライフスタイル見直し
フォーラム2001実行委員会
300,000 環境保全・温暖化防止のためにライフスタイル見直しを呼びかけるパネル展費用
ライフスタイル見直し
フォーラム2001実行委員会
200,000 設立40周年記念チャリティコンサートにて「拷問廃止キャンペーン」など人権擁護活動をアピールするプログラム作成費
計 1,950,000円

このページのトップへ戻る

【2000年度の助成先】

助成金額合計 2,657,200円 助成団体数 14団体
応募数:35件
団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
日本(ジャパン)聴導犬協会 287,200 アメリカで年1回行なわれる国際アシスタント・ドッグ総会の参加援助
ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議 150,000 ダイオキシン・環境ホルモン問題の意識啓発ビデオ編集費
学生環境NPO
「環境ロドリゲス」
200,000 環境問題改善のための電磁波の危険性調査プロジェクト活動費
バイオマス産業社会
ネットワーク
200,000 業用大麻(ヘンプ)による地域活性化を推進する小冊子作成費
ぽーとたまがわ 90,000 HIV感染者を対象とした食事会のための浄水器購入費
HIV/AIDS看護研究会 300,000 HIV看護の質の向上を目指す、臨床看護婦を対象にした誤刺事故防止キャンペーン活動費
CAPセンター・JAPAN 100,000 子どもへの暴力防止プログラムの小冊子作成費
JFC(ジャパニーズ・フィリピーノ・チルドレン)を支えるネットワーク 100,000 父親から養育放棄をされている子どもたちの父親探しプロジェクト活動費
カラ=西アフリカ農村自立
協力会
300,000 西アフリカ農村の自立を支援する安全な浅井戸を設置するプロジェクト活動費
学童保育所 
オープンスペース 輪っこ
100,000 障害児のイルカスイム体験プログラム活動費
FGM廃絶を支援する
女たちの会
300,000 アフリカで習慣的に行なわれている女性器切除に反対するシンポジウムのビデオ作成費
女性の家HELP 100,000 家庭内暴力を受けた女性と子供のためのカウンセリング援助費
ハイチ友の会 280,000 ハイチ共和国における雇用促進と教育環境の整備を呼びかけるシンポジウム開催費
ヒマラヤ保全協会 150,000 ネパール山村への専門家派遣による保健衛生改善支援
計 2,657,200円

このページのトップへ戻る

【1999年度の助成先】

助成金額合計 2,729,880円 助成団体数 13団体

【1998年度の助成先】

助成金額合計 2,810,000円 助成団体数 12団体

【1997年度の助成先】

助成金額合計 3,370,000円 助成団体数 14団体

このページのトップへ戻る