ザ・ボディショップニッポン基金は、あなたの社会・環境活動を応援します。

より良い社会、より良い地球するために。
ザ・ボディショップでは、創業者デイム・アニータ・ロディック(1942〜2007)の「収益は、常により良い目的のために使うこと」という理念のもと、1989年にザ・ボディショップインターナショナルがザ・ボディショップ財団(英国)を、1995年に株式会社イオンフォレストがザ・ボディショップ ニッポン基金を設立しました。
ザ・ボディショップ ニッポン基金は、日本国内で、社会や環境問題の改善をめざした実践的な活動をしている団体・個人の方を助成・応援するための基金です。
見過ごされがちな問題にスポットを当てて社会・環境問題の改善を目指すザ・ボディショップの活動の一環として、地域社会に貢献する草の根的な活動を行う方々を支援しています。

2016年、創業40周年を迎えたザ・ボディショップは、かつてないほど強いCommitment(誓い)として、
to enrich, not exploit(より豊かにし、搾取しないこと)を宣言し、全世界で人々と地球、およびその生物多様性と資源を豊かにする活動を実践していきます。

2016年度ザ・ボディショップ ニッポン基金助成決定!
2017年度の募集のご案内は、2017年4月以降を予定しています。

2016年度も、「より良い社会、より良い地球にするために」をめざし、地域に根ざした活動に取り組む団体に助成が決定しました!

これまでの歩み

寄付金総額 53,254,315円 助成団体数 211団体(2016年度まで)
過去の助成先一覧はこちら»

【2016年度の助成先】 助成金額合計 900,000円 助成団体数 3団体

2016年度ザ・ボディショップ ニッポン基金では、ザ・ボディショップ関係者及び外部委員6名からなる運営委員会の厳正なる審査の結果、3団体に合計900,000円の助成を決定いたしました。

本年は19件のザ・ボディショップ コミットメント Enrich our People、Enrich our Products、Enrich our Planet に沿った、生物多様性保全を目的とした環境・動物保護に関わる活動、女性や子ども、セクシャルマイノリティの人々の人権を守る活動等、国内外を問わない活動にご応募いただきました。運営委員による厳正な審査と議論をしたうえで、地域に根ざし、とても重要だけれども見過ごされがちな問題を解決するため、固定観念や価値観を変え、社会を変えることに挑戦するような3つの活動が選ばれました。

今年度は、助成3団体を運営委員長(株式会社イオンフォレスト代表取締役社長)を中心にそれぞれ訪問させていただき、活動の現場を拝見しながら助成活動内容について、今後のサポート内容についての詳細を話し合いました。いずれの団体も専門性に富み、しかし地域に密着しながら情熱を持って活動されていて、具体的な目標に向かって頑張っていらっしゃる姿に心を打たれました!

本年度も、助成金贈呈に留まらず、活動期間中の広報サポートやザ・ボディショップ店舗及びスタッフによる人的サポートなども積極的に行い、助成先団体の皆さまとより深く関わらせていく予定です。

より地域に根ざした活動のための応援を続けてまいりますので、今後もぜひご注目ください!

※2017年度の助成活動の募集については、4月以降のご案内を予定しております。

テーマ 団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
生物多様性保全・動物 F.C Manis マニスファンクラブ
(神奈川県)
300,000 【活動タイトル】森の友だちマニス「ザ・ボディショップの森づくり」プロジェクト
油ヤシ農園開発等により、絶滅の危機に瀕しているオランウータンのマスコット「マニス」を通じて森の大切さを伝えながら、アジア唯一の大型類人猿で絶滅危惧種のオランウータンが暮らす生物多様性の森を守る活動を行う。
「マニス」をアイコンとしたプリントTシャツ販売し、植林プロジェクト「森のともだちマニス」(Tシャツ1枚販売で1本の苗木を植樹)の拡大を目指す。
生物多様性保全・動物 非営利活動法人東山動物園くらぶ
(愛知県)
300,000 【活動タイトル】東山こどもガイド2016
多世代が動物や自然を身近に感じることができる動物園を通じ、人々の動物や環境保全、生物多様性などに対する興味関心・問題意識のを向上を目指す。東山動物園で10年続く、小学校高学年児童を対象とした「こどもガイド」プロジェクトを開催。子どもたちの動物・自然環境への関心・知識を高めることと、学んだ知識をアウトプットする活動を行う。
人権 お特定非営利活動法人 和
ボーダレスアートサポートセンター・クシロ
(北海道)
300,000 【活動タイトル】ボーダレスアートアクション2016
〜ボーダレスアートファッションショー〜
従来の障がい者支援活動の枠組みにとらわれず、アート・ファッションを通して、一般の人との垣根を低くしていくプロジェクトを発足し、地域の障がい者の表現の場を提供、生きがいの創出/アートを通した障がい者等のアイデンティティの再構築を目指す。障がい者、健常者の垣根を越えて全国から素材集めファッションアイテムを作り、ボーダレスアートのファッションショーイベントを開催する。