ザ・ボディショップニッポン基金は、あなたの社会・環境活動を応援します。

より良い社会、より良い地球するために。
ザ・ボディショップでは、創業者デイム・アニータ・ロディック(1942〜2007)の「収益は、常により良い目的のために使うこと」という理念のもと、これまでにも多くの社会問題の解決のために取り組んできました。
ザ・ボディショップ ニッポン基金は、1995年に設立した日本国内で、社会や環境問題の改善をめざした実践的な活動をしている団体・個人の方を助成・応援するための基金です。
見過ごされがちな問題にスポットを当てて社会・環境問題の改善を目指すザ・ボディショップの活動の一環として、地域社会に貢献する草の根的な活動を行う方々を支援しています。

ザ・ボディショップは、世界で最もエシカルで真に持続可能なグローバルビジネスになることを目指し、かつてないほど強いCommitment(誓い)として、
to enrich, not exploit(より豊かにし、搾取しないこと)を宣言し、全世界で人々と地球、およびその生物多様性と資源を豊かにする活動を実践していきます。

2017年度ザ・ボディショップ ニッポン基金助成決定!
2018年度の募集のご案内は、2018年4月以降を予定しています。

1997年より公募を開始し10年。2017年度も、「より良い社会、より良い地球にするために」をめざし、地域に根ざした活動に取り組む団体に助成が決定しました!

これまでの歩み

寄付金総額 53,754,315円 助成団体数 215団体(2017年度まで)
過去の助成先一覧はこちら»

【2017年度の助成先】

助成金額合計 1,000,000円 助成団体数 4団体

2017年度ザ・ボディショップ ニッポン基金では、ザ・ボディショップ関係者及び外部委員6名からなる運営委員会の厳正なる審査の結果、4団体に合計1,000,000円の助成を決定いたしました。
本年は22件のザ・ボディショップ コミットメント Enrich our People、Enrich our Products、Enrich our Planet に沿った、生物多様性保全を目的とした環境・動物保護に関わる活動、女性や子ども、セクシャルマイノリティの人々の人権を守る活動、東日本大震災復興支援活動にご応募いただきました。運営委員による厳正な審査と議論をしたうえで、地域に根ざし、とても重要だけれども見過ごされがちな問題を解決するための草の根的な活動4つが選ばれました。

今年も、助成4団体を運営委員長(株式会社イオンフォレスト代表取締役社長)を中心にそれぞれ訪問させていただき、活動の現場を拝見しながら助成活動内容について、今後のサポート内容についての詳細を話し合いました。いずれの団体も専門性に富み、しかし地域に密着しながら情熱を持って活動されていて、具体的な目標に向かって頑張っていらっしゃる姿に心を打たれました!

本年度も、助成金贈呈に留まらず、活動期間中の広報サポートやザ・ボディショップ店舗及びスタッフによるボランティア参加等の人的サポートも積極的に行い、助成先団体の皆さまとより深く関わらせていただく予定です。

より地域に根ざした活動のための応援を続けてまいりますので、今後もぜひご注目ください!

※2018年度の助成活動の募集については、4月以降のご案内を予定しております。

テーマ 団体名・個人名 助成額(円) 助成活動内容
生物多様性保全・環境/人 認定NPO 法人 日本ハビタット協会
(東京都千代田区)
300,000 【活動タイトル】ラオス国セニャブリー県における地域主体の環境保全事業

貧困や急激な都市化の進展、自然災害、紛争等、悪化した居住環境に直面する人々がまちを立て直し、より安全なコミュニティ、より暮らしやすいまちを築いていけるよう支援する。
他国の企業によるプランテーション開発で森林面積の減少が大きな問題になっているラオスでの植林等の環境保全活動に取り組み、地元住民が自ら取り組みを継続できるように支援。
セニャブリー県の中学校3校で環境教育のためのワークショップと植林活動を行い、将来的なラオスの発展に繋げる。
生物多様性保全・動物 F.C Manis マニスファンクラブ
(神奈川県三浦郡)
100,000 【活動タイトル】森の友だちマニス「ザ・ボディショップの森づくり」プロジェクト

油ヤシ農園開発等により、絶滅の危機に瀕しているオランウータンのマスコット「マニス」を通じて森の大切さを伝えながら、アジア唯一の大型類人猿で絶滅危惧種のオランウータンが暮らす生物多様性の森を守る活動を行う。
「マニス」をアイコンとしたオリジナルグッズ等の販売と、ザ・ボディショップとの協働により植林プロジェクト「森のともだちマニス」の拡大を目指す。
人権 特NPO法人ピルコン
(東京都日野市)
300,000 【活動タイトル】思いがけない妊娠・中絶や性的被害などで悩む女性のための自助グループの運営と、運営ガイドブックの出版

日本における中絶年間件数(18万件)に対し、相談機関の不足や性暴力被害の届け出の少なさ(18.5%)等から、周囲にも率直に相談しづらいという女性が多くいると考え、悩みを抱えた女性たちからなる自助グループを運営。
ミーティングを通して、問題からの回復や悩みに対処する力を身につけること、またそのノウハウをガイドブックにし国内で発信していく。
震災 Café de FUKUSHIMA 300,000 【活動タイトル】仮設住宅・復興住宅・避難者の自治会などでの原発避難者・被災者の支援事業

福島全域で原発被災者支援を行う。
@被災者・避難者の生き甲斐づくり(自死・引き籠り防止、健康維持増進、生きる力の回復)
A被災者・避難者の自治(組織)支援(コミュニティ作りなど)を目的に、年間72ヶ所、延べ約1,440人の支援を目指す。
みんなで一緒に「笑う」「美味しいものを食べる」場を提供し、「出てきてもらう」「皆で楽しみ・話す」「元気になる」ためのイベントを開催する。
計 1,000,000円

LOVE YOUR BODY™会員カードのポイントでお客様も助成活動をサポートしていただくことができます

LOVE YOUR BODY™会員のポイントを、「チャリティポイント」として寄付できます。
2016年度*はお客さまより89,912ポイントの寄付があり、ザ・ボディショップが同額をマッチング(同額加算)し、合計約18万円が基金に寄付されました。
(*2016年3月〜2017年2月)ポイント寄付の他、寄付つき製品の売上や店頭募金などのお客様からの寄付金をはじめ、ザ・ボディショップ社員からの寄付などが大切な資金となり、助成金を運用しています。